タムロン SP70-300mm F/4-5.6Di VC USD(A005)

Top | Digest Gallery | 写真館 | レンズレポート | 写真雑記帳 | 日記 | 掲示板 | プロフィール | リンク


タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005)
[簡易テスト版]

強力な手ブレ補正搭載、 超音波モーター、 フルタイムマニュアルフォーカス、 高画質、 低価格…と、 このクラスのズームレンズの決定版とも言える製品。

特にキヤノンの場合はこれらを満たす製品が存在していなかったため、 なおさら価値が高いと言える。

メーカーの製品情報はこちら

  • 使用カメラ:EOS5D(フルサイズデジタル、1280万画素)

  • 注記が無い限り、カメラで撮影したJPEGをそのまま掲載
    (縦位置の写真は無劣化回転を施している)

  • 注記が無い限り、撮影パラメータは標準設定

  • 画像の中央約2900×1900を切り出すとおおよそAPS-Cで写る範囲になる(約550万画素)

なお、 人気があり新しいレンズなので、 ネット上にも多くの作例がある。 そのため、 このページでは作例ではなくベンチマーク的なテストのみを掲載した。

周辺光量

このレンズで唯一弱点を挙げろと言われれば周辺光量不足なのだが、 それほどのものでもない。

全ての焦点距離域で絞り開放では光量の低下が認められるが、 いずれも1絞りで問題ないレベルとなる。 フルサイズ機では一部の高級レンズを除けばどれもそんなものだ。

逆に言えば、 高級レンズの大きな優位点の一つが周辺光量の豊富さにあると思う。

また、 この結果を見る限り、 APS-Cデジタル機ならば絞り開放でもほとんど 周辺光量を気にする必要はないだろう。

※周辺光量の低下は青空などで最も目立ち、縮小画像では実際より大きく感じる。

 

絞り開放

F5.6

F8

F11

70mm

開放
F=4.0

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル
135mm
付近

開放
F=4.5

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル
300mm

開放
F=5.6

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 周辺減光サンプル

逆光性能

タムロンらしく、 ズームとしては非常に逆光には強い。 晴天の日中の太陽をもろに画面に入れて何とかゴーストが見られる程度。 本当に欠点の少ないレンズだ。

※サンプルは長辺1024ピクセルに縮小してある

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 逆光サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 逆光サンプル

70mm F11

このような極端な条件でも、 小さな目立たないゴーストが1つ確認できるだけ。

300mm F11

日中の太陽を画面内に入れるような構図でも、 ここまで絞らなければフレアによるわずかなコントラスト低下で済むレベルだろう


歪曲

ワイド端70mm域では歪みはほとんど気にならない。
135mm以降は糸巻き型の歪みで、135mmでもそれなりに歪曲が認められるのでよりテレ側がどうか不安になるが、 実際は200mm、 300mmでも歪みが増大するわけではなく、 テレ端300mmでも特別歪みが大きくはない。

総じて、 300mm F5.6クラスのズームとしては 普通〜良いといったレベルではなかろうか。 画面端に水平・垂直な直線を持ってくるような構図でなければさして気にならないと思う。

70mm

135mm

200mm

300mm

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 歪曲サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 歪曲サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 歪曲サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 歪曲サンプル
 

キヤノン用 ニコン用


解像テスト

正直、 F8以降の画像を載せるのが馬鹿馬鹿しくなった。 フルサイズの周辺部でも、 全ての焦点距離域でF5.6でほとんど完璧に解像してしまうからだ(2000万画素オーバーでは事情が違ってくるのかもしれないが)。

解像に関してはまさに単焦点並み。 もはや、 明るい単焦点をF5.6まで絞っても、 このレンズに負けはしなくても勝っているとも言えない、 というレベルである。

 

絞り開放

F5.6

F8

F11

70mm

開放F4

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル
135mm

開放F4.5

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル
200mm

開放F5.0

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル
300mm

開放F5.6

タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル タムロン SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005) 解像サンプル

主観的画質評価

★★★★ 4.5 (5点満点)

  • フルサイズでも中心から周辺まで安定した画質は、 まさに単焦点並みと言える。
    価格帯も違うとはいえ、 従来の廉価300mm F5.6ズームとは画質の格が違う。
    シグマ APO70-300mm F4-5.6 DGやタムロン70-300mm F4-5.6 Di (A17)は全く相手にならないレベル。

  • Lレンズ等の高級レンズと比較すれば、 唯一周辺光量という弱点はある。
    (私はLレンズとそれ以外の重要な差の一つがここだと思っている)
    しかし、 APS-C機ではほとんど関係ないし、 フルサイズ機でも対処方法を心得ている方なら特に問題はないだろう。
    ただしこれを理由として評価は0.5点だけ減点した。

  • EOS用としては直接競合するレンズは2本ほどあるが、 下記のような理由から、 いずれもこのレンズを差し置いて積極的に選ぶ理由がない。

    • EF70-300mm F4-5.6 IS USM

      • USMとは付いているが、 フルタイムマニュアルフォーカスに対応していない、 レンズキット用と同じ仕様のものである。

      • 鏡筒の構造に起因するものか、 周辺画質があまり良くない(参考サイト)
        メーカーによるリコールが行われたが根本的対策にはなっていない。

    • シグマ 70-300mm F4-5.6 DG OS

      • 超音波モーターではないので、 結果としてフルタイムマニュアルフォーカスに対応していない

      • 昔からあるこのクラスのズームの焼き直しなので、 フォーカス時に前玉が回転する。
        ご存じの方が多いだろうが、 前玉が回転すると偏光フィルターがとても使いにくい。

      • データを取った方の情報によると、 手ブレ補正の効きがいまいち良くなさそう

強いて言えば、 このレンズは上記の他のレンズより結構重い。
EFとシグマがそれぞれ630g、610gであるのに対して、 このレンズは公称765g。

  • 結論として、 300mm F5.6クラスの手ブレ補正付きズームではこのレンズがダントツで秀でていると思う。
    価格的にもこのレンズを選ばない理由が見当たらない。

  • 補足:
    α用がレンズ内手ブレ補正非搭載というのは何だかもったいない。
    大義名分はαはボディ内補正なので光学的な補正は不要ということなのだろうが、手ブレ補正の恩恵は写りだけではない。
    望遠レンズでは、手持ちでのマニュアルフォーカス時にファインダー像が止まるとMFしやすいという大きなメリットがある。
    残念ながらαでは(光学ファインダーでは)その恩恵にあずかることができない。
    そんなわけでα用は魅力半減という部分もあるのだが、 廉価な70-300mm F4-5.6より高画質であることは間違いないので、 高画質は欲しいけれどソニー純正の70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G) はさすがに高過ぎる… と思う方には選ぶ意味はあるように思う。

キヤノン用 ニコン用

ご感想、アドバイス等、お気軽にどうぞ。

このコンテンツへのコメント(2)
お名前(省略可)

デジカメ,デジタルカメラ,写真,画像,作例,サンプル,画質,EOS5D,フルサイズ,デジタル一眼レフ,レンズ,レビュー,タムロン,tamron,SP AF 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD,A005,70-300/4-5.6,手ぶれ補正付き,望遠ズーム


Top | Digest Gallery | 写真館 | レンズレポート | 写真雑記帳 | 日記 | 掲示板 | プロフィール | リンク