キヤノン EF200mm F2.8L USM

Top | Digest Gallery | 写真館 | レンズレポート | 写真雑記帳 | 日記 | 掲示板 | プロフィール | リンク


EF200mm F2.8L USM
EF200mm F2.8L II USM

テストに 使用しているのはEF200mm F2.8L USM (I型)です。
現在販売されているのはEF200mm F2.8L II USMですが、初期型と光学系その他は変わっていませんので、 画質はほぼ完全に同じと考えられます。

メーカーの製品情報:キヤノンカメラミュージアム
(II型はこちら)

  • 使用カメラ:EOS5D(フルサイズデジタル、1280万画素)

  • 注記が無い限り、カメラで撮影したJPEGをそのまま掲載しています。
    (縦位置の写真は無劣化回転を施しています)

  • 同じく撮影パラメータは標準設定。

  • APS-Cのカメラをお使いの方は、画像の中央約2900×1900を切り出すとおおよそAPS-Cで写る範囲になります(約550万画素)。

周辺光量

絞り開放での周辺光量の低下は、通常の撮影ではほとんど気にならないレベルです。

空などを入れる場合でも1段絞れば(F4)まず問題ないと思われます。

F2.8

F4

F5.6

F8


歪曲

糸巻き型の歪曲で、単焦点としてはやや大きいようにも思いますが、実写上で気になることは少ないと思われます。


作例

F2.8

絞り開放でも驚異的にシャープ。

F2.8

 

F2.8

 

F2.8

 

F2.8

 

F2.8

絞り開放でもクッキリとした描写。

F2.8

 

F2.8

 

F2.8

 

F2.8

何と言うか、雰囲気のいい写真が撮れます。(ちょっと手ブレしているかもしれません)

F2.8

 

F2.8

Lレンズらしく濃厚な色。

F2.8

縦位置で底辺に水平線がくる、一番歪みが目立ちやすい構図。それでも言われなければ気付かなそうですが…。

F2.8

背景がゴチャゴチャした場所を選んでいるので当然背景はうるさいですが、良く見ると嫌なボケ方をしていないのがわかります。

F4

 

F4

 

F4

 

F4

 

F4

 

F5.6

もはやEOS5Dの解像限界を超えているような気がします。

 

F2.8

絞り開放で周辺がこの位キッチリしているのはすごい。
(開放でこのような平面を撮ることがあるかどうかは別として。)

F4

 

F5.6

 

 

主観的画質評価

 5 (5点満点)

EOS5Dに装着時。普通のレンズと同じように扱える。

  • 画質は文句なし。 最高評価の5点です。 もっと高くてもいいくらい。

  • 絞り開放でも全く問題ないほどシャープです。 画質のためにF5.6より絞る意味はもはやほとんど感じません。

  • ズームと明るさが変わらない200mm F2.8の単焦点をどう見るかはその人次第。 最短撮影距離もズームとほぼ同じ1.5mですから、 ズームと違う写真が撮れるというわけではありません。

  • …が、 私はどうにも200mm F2.8クラスのズームの大きさ・重さは好きになれません。 正直、街角であれを構えるのが嫌で、 このレンズの入手と共に使うのをやめました。 手持ちの場合、 70-200mm F2.8等のズームだと、 重い上にレンズの全長が長いために前の方を支えることになるので、 手ブレしやすい気もします。

  • その点このレンズは、 普通のレンズのサイズで重さも800g弱と、 ズームよりかなり取り回しが良くなっています。

  • 初期型と現行のII型の違いは、フードが組み込みの引き出し式か一般的なバヨネット式かです。
    初期型の組み込みフードはかなり短いですが、 それでもフード未着用よりは遥かにマシです。 コンパクト至上主義か、 同じ画質ならとにかく安く買いたいという(私のような)人ならあえて初期型を選ぶのもアリかと思います 。

 

関連記事

ご感想、アドバイス等、お気軽にどうぞ。

このコンテンツへのコメント(1)
お名前(省略可)


Top | Digest Gallery | 写真館 | レンズレポート | 写真雑記帳 | 日記 | 掲示板 | プロフィール | リンク